Zapfツァップとは

Zapf(ツァップ)とは

帽子メーカーZapfツァップは、今から約120年前の1893年、ヴェルフェンというザルツブルグの片田舎で創業され、以来、職人の手作業による伝統的な帽子作りを今なお続けている歴史の深いブランドです。昔ながらの伝統的で高品質なフェルトに加え、最新の流行に合わせて、新しいデザインや色・装飾を施しています。オーストリア王家崩壊に至るまでの激動の歴史を乗り越え、ハプスブルク家も認めたコレクションを提供するZapfツァップは、伝統的なチロリアンハットの技法を帽子づくりに取り入れた名門老舗帽子ブランドとして脚光を浴びています。

オーストリアの帽子ブランドZapfツァップの歴史

Zapfツァップの起こり

ヨハネス・ツァップ

ヨハネス・ツァップ

Zapfツァップのルーツは、今から約500年前の1523年、ダマスク織りの職人であったヨハネス・ツァップが初めてドイツのローテンブルグに出た時にまで遡ります。

その後、ドイツから現在のオーストリアに移住。オーストリア以降のZapfツァップの道程は、1770年の文書に記録されています。

当時、ピーター・ツァップはオーストリアのザンクト・ゲオルゲン・イム・アッターガウ市(St. Georgen/Attergau)の帽子職人として活躍していました。

現在の会社としての創始者は、ヴェルフェン出身のジョナサン・ツァップで、ピータの親戚にあたります。ジョナサンが、1893年にヴェルフェンにある「Fichtl house」の土地を購入して創業。現在のZapfツァップブランドとして本格的に帽子生産を開始します。

オーストリア・ハンガリー帝国だった当時、わずか数社だけが、ウィーンの王室にサービスや産物を献上する特権を与えられていましたが、Zapfツァップはその内の一社でした。
1905年、その実力を評価されたZapfツァップは、王室御用達メーカーとして表彰されます。当時この地方はハプスブルク家の君主が統治しており、この認定はZapfツァップがヨーロッパ随一の名門王家に帽子を納める格式高いブランドであったことを示しています。

銀のダイアナメダル

銀のダイアナメダル

1912年にオーストリアのウィーンで大々的に開催された博覧会では、一際目をひく帽子の品質が指示を受け、Zapfツァップはダイアナメダル銀賞を受賞しました。

優れた技巧とデザインをもって、Zapfツァップは名実ともにオーストリアを代表する帽子ブランドへと成長を遂げたのです。

苦難を乗り越えて成功に至るZapfツァップ

Zapf(ツァップ)の危機を救った

帽子職人や関係者の一丸となった努力がZapfツァップの危機を救った

1914年のサラエヴォ事件をきっかけに、オーストリアがセルビアへ宣戦布告し、第一次世界大戦が始まります。1918年、650年もの間続いたハプスブルク帝国(オーストリア=ハンガリー帝国)が崩壊を迎え、現在のオーストリア共和国が成立しますが、戦後の混迷は続き、オーストリアは深刻な不況に陥ります。

第一次世界大戦と経済危機の余波を受けZapfツァップにも難局が訪れましたが、帽子職人や関係者達が手に手を取り合って一丸となり、1919年にはゴリング市(Golling)に起死回生を懸けた支店をオープンさせ、Zapfツァップの存続に尽力します。

Zapfツァップの努力は着実に実を結び、1923年になると、経営を引き継いだルートウィヒ・ツァップの管理下で、Zapfツァップの帽子の中でも一番最初のモデルである「ランバーグ」がザルツブルグ地方(Salzburg)の民族衣装として認定されました。

1934年にバートガスタイン市(Bad Gastein)にも支店を開設し、その結果、本拠地ヴェルフェン市(Werfen)での帽子製造もより発展を遂げます。

1937年、ファッションの最先端を行く花の都・パリで開かれた世界展示会では、ハンチングハット部門において栄えある銅メダルを獲得し、世界に優れたデザインと品質を知れ渡らせました。

オーストリア伝統的企業としての発展

戦後の1950年になると、Zapfツァップの製造設備はより一層の発展を遂げ、1985年、会社はリミテッド・パートナーシップ(※1)に転換しました。

クラシック(旧:ハプスブルク・コレクション)を証明するエンブレム

クラシック(旧:ハプスブルク・コレクション)を証明するエンブレム

1991年にはオーストリア=ハンガリー帝国(1918年に帝政廃止)の最後の皇太子であるオットー・フォン・ハプスブルクの許しを得て、翌年、既存の「ツァップ・コレクション(今日のクラシック)」に加えて「ハプスブルク・コレクション(今日のプレミアム)」を導入するに至ります。

その次の年、ハプスブルク家の名を冠に頂く「ハプスブルク・コレクション」は、ハプスブルグ家にゆかりのあるブリューンバッハ城にて一般にも華々しく公開されました。

取引における紋章

取引における紋章

1998年に、Zapfツァップナショナルアワードを受賞。以来、商取引において紋章の使用が許可されました。

2004年、テレサ・バルトロが常務取締役として就任。ヴェルフェン市(Werfen)に拠点を置き、今日に至るまでオーストリア・ハットのブランドとして、国内外でひときわ輝く盤石の地位を築き上げています。

※1…リミテッドパートナーシップ(LPS=Limited Partnership)とは、一般に「投資事業有限責任組合」と訳されており、ヘッジ・ファンドのように、主としてオフショア地域に設立されている投資組合などのことをいいます。
株式会社と比較して設立手続きが簡単な上、税制上のメリットがあります。この組合は、ゼネラルパートナー(無限責任組合員)とリミテッドパートナー(有限責任組合員)によって構成されます。発起人として投資プロジェクトを立ち上げるゼネラルパートナーが、その運用については無限責任を負います。
一方、リミテッドパートナーは一般投資家として参加しているだけで、その責任は投資金額の範囲内に限定されます。もともと、石油開発などのベンチャー・キャピタルにおいて出資を募る方法として利用されてきましたが、近年になってヘッジ・ファンドやREITなどで利用されています。

Zapfツァップの帽子製造

Zapf(ツァップ)

Zapfツァップのフェルトハットは、通常15の独立した工程を経て生み出されます。原料として用いられるのは、主にヨーロッパから吟味の上で取り寄せたウールや兎毛のフェルトです。
高品質のフェルトを巧みに加工して仕上がるハイグレードなフェルトハットには、随所に職人の手業が光っています。その高い品質は、長く続くオーストリア人の熟練した技術の賜物です。

フェルトの圧縮は工場で行いますが、Zapfツァップのハットは木製の型を用いて職人の手作業で作られています。その後のすべての工程も、職人の手によるものです。
ハットのデザインは一つ一つが異なり、様々なモデルにおける一つ一つの工程をZapfツァップは非常に重要視し、職人による仕上げにこだわっています。

ザルツブルグ州ヴェルフェン市にある小売店

ザルツブルグ州ヴェルフェン市の店舗

ザルツブルグ州ヴェルフェン市の店舗

ザルツブルグ州(Salzburg)ヴェルフェン市(Werfen)にあるZapfツァップの店舗では、年中無休で男性用・女性用の帽子やアクセサリーを幅広く取り揃えております。
伝統的製法で作られた帽子を販売すると共に、訪れる人々へとオーストリアの帽子文化を広く普及させる役目を担っています。

女性もののコレクションとして、[ザップ クラシック]、[ザップ イクスクイジット]シリーズに加え、国際的生産者からファッショナブルな帽子も取り揃えています。スカーフ、手袋、ハンドバックは、季節によって取り揃えが変わります。
質の良い、男性もののスカーフや手袋も取り揃えております。

店舗では、帽子購入に当たって、専門のコンサルタントがご相談にお答えします。オーストリアにお立ち寄りの際は、ぜひ、ヴェルフェン市のお店までお越し下さい。

Zapfツァップからのメッセージ

メッセージ

テレジア・バートロットが社長として、Zapfツァップの経営をしてきました。このメッセージを書いている私は、彼女の息子で、主にインターネット関連とマーケティングを担当しております。

帽子制作時に特に気を付けていることは?
123年の間、我々の従業員たちは、独自のスタイルでフェルトから高級な帽子を作ってきました。オーストリアの伝統的な職人技と詳細なこだわりへの情熱を持って、Zapfツァップの帽子はそれぞれ15の工程を経てできています。原料は欧州産の羊毛フェルトだけを使用しています。工業生産とは対照的に、木型からはがす作業は手作業で行っております。スチームと丁寧なドライ作業で、帽子はまず形が整えられます。ひもやリボンなど、とても多様な飾りで、無限のお客様の要望に応えることができます。

メッセージ

Zapfツァップには約50種類の型があり、カスタマイズの選択肢はほぼ無限にあるといえます。そして私たちの帽子は老若男女問わず、クラシックから現代的、猟師からアウトドア派まで、様々な帽子を手作りしています。

私たちの一番の特長は、3つの製品ラインに分かれていることです。

クラシック
丈夫で長持ちするフェルトを使用しており、普段使いに適しています。それぞれの型は、長い間に定着した帽子の形に基づいています。中には100年以上前から続いているものもあります。いつも時代の最先端にいるべく、常にデザイン、飾り、カラーを変えていっています。

ハンティング
狩猟やアウトドア愛好家に適した丈夫な帽子です。この丈夫な帽子はウールフェルトを使っています。特別な含浸によって、シワやホコリをに強い帽子を作っています。また通気性の良い綿のリボンを内側に用いることによって、被り心地も良くなっています。

ハプスブルク(かぶり心地最高のベロアクオリティ)
とても軽やかなベロアの品質が、最高のかぶり心地を保証します。それに加え、特別に磨くことによって、スムーズな表面と美しい発色を実現しています。こちらの典型的な商標は、ハプスブルクの紋章と縁取りされたブリムです。このシリーズが一番多くの色と飾りを取り揃えています。

日本唯一のZapfツァップ専門店

Zapf(ツァップ)

ハプスブルク家統治下の華々しい時代、その後訪れる混迷の時期――激動するオーストリアの長い歴史を抱き、Zapfツァップは今日、卓越した技術をもって、老舗帽子メーカーの名を揺らぎないものとしています。

帽子文化の伝統を受け継ぎ、身を砕くほどの努力と技術の研鑽によって苦難の時代を乗り越えるに至ったZapfツァップの帽子は、かつての栄光を思わせる、いや、それ以上の輝きを放ち、チロリアンハットの先駆者として脚光を浴びています。

そしてこの度、満を持し、日本初のZapfツァップ専門店として皆様にこれらの帽子をご紹介できる事となりました。
日本の帽子ファンの方々に、磨き抜かれた職人の手業が光るZapfツァップのハットをお届けできることは、当店にとっても幸運の極み。自信を持っておすすめいたします。

オーストリアに受け継がれた匠の技が生み出す高い品質、絶妙の被り心地、洗練のデザイン…、あらゆる面においてZapfツァップのハットは、高品質で知られる数々のメイド・イン・ジャパン製品を見慣れた人々の目にも眩しく映ることでしょう。
最高品質のオーストリアンハットがもたらす言い様のない満足感を、ぜひご自身でお確かめください。

Zapfツァップギャラリー

  • Zapf(ツァップ)
  • Zapf(ツァップ)
  • Zapf(ツァップ)
  • Zapf(ツァップ)
  • Zapf(ツァップ)
  • Zapf(ツァップ)
  • Zapf(ツァップ)

Zapfツァップ 商品カテゴリー

クラシック

フェルトハット スタンダードシリーズ クラシック

Zapfツァップのフェルトハット、スタンダードシリーズ『クラシック』は、毎日被る帽子として理想的な仕上がりです。一つ一つのモデルが、Zapfツァップによって確立した帽子の型に基づいており、中には100年以上前に導入された歴史あるものすら存在しています。オーストリアの長き伝統を受け継いだ、時代に左右されることのない永遠の定番スタイルと言えましょう。

ハンティング

チロリアンハット スタンダードシリーズ ハンティング

Zapfツァップのチロリアンハット、スタンダードシリーズ『ハンティング』は、特別な撥水加工を施しており、汚れや型崩れに対して抵抗力があることをZapfツァップが保証しています。ハンターおよびアウトドア派の人々の個性を重要視したデザインと共に、通気性等の機能面にも工夫を凝らし、楽しく快適な着用状態を保ちます。

プレミアム

最高級ファーフェルトハット プレミアムシリーズ ハプスブルクコレクション

Zapfツァップのプレミアムシリーズ『ハプスブルクコレクション』は、オーストリア皇太子の許可を受けて作られた、ハプスブルク家の名を冠に頂くZapfツァップを代表する帽子です。Zapfツァップの中でも最高級の素材、技術を用いており、滑らかな質感や深い色合いは絶品。このシリーズに付けられたエンブレムまたはステッチは、Zapfツァップの長い歴史を示すと共にハプスブルクの象徴でもあり、類稀なる品質を示しています。